CTとMRIの違い

診療放射線技師の関です。
今回はCTとMRIの違いについて少しお話します。
よくCTとMRIは何が違うの?と質問されます。
ぱっと見装置自体似ていますのでよくわかりませんよね。
ではCTとは、X線を出しながら身体の周りを回って対向する検出器で、それを読み込みコンピューターで画像にしています。
MRIは磁場(特大磁石?)を使用して電波を与え身体の中の、主に水素原子を共鳴させ、電波を止めた時に発生する微弱な電波をコイルという受信機で受け取り、コンピューターで画像を得るものです。
大きな違いはCTはX線、MRIは磁石を使って撮像しているところです。
次回またちょっとだけお伝えします。

お電話でのお問い合わせ
【平 日】11:00~14:00、15:30~18:30
【土・日曜日、祝日】11:00~14:00、15:00~17:00
0240-25-1557